感染症の感染リスクと予防方法

感染症の感染リスクと予防方法

感染症といっても性病をはじめインフルエンザなど様々な感染症の病気があります。当サイトでは性病を中心に感染症の治療方法や予防方法について考えていきたいとまとめております。感染症は事前に予防することがとても大切なので注意しましょう。

感染症で怖い性病について

感染症で怖い性病には、以下のような物があります。
「性器クラミジア感染症」は、日本において感染者数が最多の性病で、その数は100万人以上といわれています。
クラミジアを治療できる薬も多数ありはしますが、それでも感染者が激減することはなく、特に10代後半から20代の間に感染するケースが多くなっており性行経験のある高校生への調査では、男性は6.7%、女性は13.1%が感染していました。
症状としては、男性の場合は「尿道から膿が出る」「排尿時に軽い痛みがある」などが挙げられます。
女性の場合は「オリモノが増える」「下腹部が痛む」などが挙げられます。
しかし、症状が出ないことも多いので、知らぬ間にパートナーに移してしまっていることも多々あります。
「淋菌感染症」は、男性によく見られる性病です。
1回の性行における感染率は30%と高めで、同時にクラミジアに感染する確率も20~30%ほどあります。
症状は、男性なら「尿道からの膿」「排尿時に激しい痛みがある」など、女性なら「オリモノが増える」「不正出血」などが挙げられます。
放置すると、男性の場合は前立腺炎になったり、女性の場合は不妊症になったりします。
上記ふたつの症状、「性器クラミジア感染症」と「淋菌感染症」はジスロマックという治療薬で治すことができます。
「カンジダ症」は男性にも女性にも感染する可能性があり、原因は様々です。
カンジダ菌という真菌の増殖により発症する症状です。
女性がなりやすいと言われており、「ヨーグルト状のドロリとしたおりものに変化」したり、「かゆみ」を伴います。
症状は性病の中では軽い部類ですが、治療薬の服用やエンペシドクリームと呼ばれる真菌を殺菌する塗り薬で早めに対処しましょう。
そして、最も有名なのが「HIV感染症」。
これは、HIV(エイズウイルス)が含まれた血液や精液などが、粘膜や傷口などに触れることで感染します。
感染ルートは「性行為」「注射器の使い回し」「母子感染」の三つがありますが、日本で最も多いのは性行為です。
これに感染すると、HIVが血管内に侵入し、免疫を司る「CD4陽性細胞」と結合します。
結合したHIVは、CD4陽性細胞の内部で繁殖し、最終的に破壊してしまいます。
その後、HIVはまた別のCD4陽性細胞に結合します。
それが繰り返されることで、免疫がどんどん破壊されていくというわけです。
トリコモナスは男性、女性共に発症する感染症です。
トリコモナス原虫という肉眼では見えない虫が性器内に侵入することで発症します。
感染の原因として挙げられるのは、性行為が殆どですが、それ以外でも感染することはあります。
共有場のトイレや浴槽場のイスなど感染確率は低いですが、注意が必要です。
また、トリコモナスに発症した人は自覚症状がないのが特徴で、女性の場合はおりものの量が増えて、匂いがきつくなります。
男性の場合は女性よりも症状が分かりづらく尿道のかゆみや違和感があらわれるとされています。