感染症の感染リスクと予防方法

感染症といっても性病をはじめインフルエンザなど様々な感染症の病気があります。当サイトでは性病を中心に感染症の治療方法や予防方法について考えていきたいとまとめております。感染症は事前に予防することがとても大切なので注意しましょう。

性行為による性器感染症はタイなどで生じやすい?

性行為による感染症として知られる性器感染症は、日本でも大きな話題となっています。確かに、性器感染症は他の先進国に比べて高い感染率を推移しており、性教育が進んでいない事をしらしめる結果となりました。コンドームの適切な着用によってHIVやクラミジアなどは予防できるとされているのにも関わらず、多くの人がこういった性病に苦しんでいます。なお、性器感染症は性病だけでなく、様々な感染症を含んでいて、B型肝炎などの重篤な症状を引き起こす慢性疾患も対象となります。血液を経由した感染症がこれに当てはまるので非常に多岐にわたるという事は理解しておくべきといえます。
さて、そのような性器感染症ですが、タイなどでもらってくる男性が少なくありません。何故タイなのかといえば、やはり風俗産業が盛んなことが関係しています。実際の感染率としては、イギリスのデータによればまず、HIVに感染する男性の中で海外にて感染する人はおよそ七割にも上るとされていて、その中でも取り分けてタイが多く、二十パーセントを超しているという報告がなされています。それだけ性病を持つ人も多くなっていますが、それ以上に性器感染症に罹る理由はやはりコンドームの使用率とされています。コンドームの使用率は、タイのセックスワーカー相手におよそ三割から四割程度とされており、もはや自業自得と言える数値となっています。そのため、コンドームの使用は絶対に行う事が重要です。海外だから羽目を外すのではなく、当然の行為として性行為感染症を予防する心がけが必要です。
また、回数が増えればそれだけリスクは上がります。また、コンドームによって防げないヘルペスや毛じらみなどもあるので、そういった物があると理解しておく事が大切でしょう。