感染症の感染リスクと予防方法

感染症といっても性病をはじめインフルエンザなど様々な感染症の病気があります。当サイトでは性病を中心に感染症の治療方法や予防方法について考えていきたいとまとめております。感染症は事前に予防することがとても大切なので注意しましょう。

自己に対して攻撃性なアレルギーと感染症について

今、アレルギーを患う方が増えています。いちばんの原因は環境の変化です。ヒトは自分の体を作っているものと異なったものが侵入(抗原)してくると、排除しようとする働きがありますが、これがあまりにもひどくなりすぎて自分の体まで攻撃してしまうことがあります。つまり自分の体に対して攻撃性になってくるのです。これをアレルギー体質と言っています。アレルギーには花粉症、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどがあります。食物アレルギーを例にとると、たまごやそばやカニなどでアレルギーを起こして死亡したことも国内でありました。このようにアレルギーといっても軽く考えないほうがいいです。最近では「エピペン」と呼ばれる自己注射がありますので、もしアナフィラキシーを発症したらこの注射を自分で打つ方もいます。自分がどのようなものにアレルギーを持っているかを知っておくべきです。
これから寒い時期を迎えると、風邪やインフルエンザなどの感染症に罹りやすくなります。このような病気は、ウイルス性によるものですので、ストレスなどで抵抗力が落ちているときに、攻撃性のあるウイルスが侵入してくると感染しやすkなります。ウイルス性によるものは、ワクチンと呼ばれる抗体を作るために前もって抗原を入れ込むことです。こおことによって二度目は、攻撃性ウイルスが侵入してきても罹りにくくなります。ですから心配な方はワクチン接種(予防接種)を受けたほうがいいです。
また感染症には抗生剤が効果的です。感染源である細菌を抗生剤で死滅させます。感染症といってもウイルスには抗ウイルス薬を使う必要があります。細菌性とウイルス性はまったく違いますので、そのへんは医師は判断します。